生活をするために、お仕事をする方が多いと思います。
つまり、お金を稼いで生活ができるのですが、その収入がなくても生活を行える方もいらっしゃいます。

お仕事など、好きですきでたまらない方だけでは、ないと思います。
聞いた事があるかも知れないのですが、仕事が嫌になるのは、仕事を始めてから、3日、3ヶ月、3年などといった傾向もあります。

私など、今の仕事も毎日休まず行っていますが、その1日の中でも心の中でお仕事を楽しみながらしているのです。
同じ仕事を1日するのなら、楽しくするという意味です。

お仕事が嫌で辞めたご経験のあるかたもいらっしゃるかも知れません。
その理由は、色々でしょうが、やはり対人関係も多いと思います。

私なども以前、気に入っていました仕事を辞めてしまいました。
精神的に弱る事で、体を壊すと思ったのです。
でもその時も、その後も、今考えても、辞める必要はなかったのです。
その職場にいたら、歳をとっての年金も頂けるはでしたし、あとの祭りとなったのです。

本当は今の職場でも、内部のことがわかってきて、嫌な思いも強くあるのですが、その事は頭の1部にしまっておく事にしていま
す。
ただ生活のために働くかたは、お金のために嫌な職場でも行く方もあるようです。
ご自分で稼いだお金など、使い道も振り分けたりと、生活に向けていたします。

最近感じるようになったのですが、若い時など、育つ過程でお金の価値を知る方もおられます。
私など、お金持ちではないのですが、お金の苦労など全くなく育ちました。
両親に対しては、有り難い気持ちはもっているのです。
でも私が高校卒業後、働いてのお給料の1部は、親を助けるような方法をとってくれたらよかったかなあと思うのです。
日本が貧しい時に、育った両親は、私にお金の苦労をさせたくなかったのです。