我が家の愛車と言えば現在は普通自動車ですが、その昔に私が愛用していた自動車は軽自動車でした。私にとって始めての自動車が軽自動車であり愛着のあるものであったと思っています。私は自動車免許を取得してから長らく自動車を運転したことのないいわゆるペーパードライバーでしたので始めは中古車の軽自動車から始めた方が良いであろうと思ったのがきっかけとなっています。しかし、軽自動車にしようと思ってから街中にあるディーラーを周ってみますが、なかなか自分が良いと思う軽自動車を見つけることが出来ませんでした。

やっとのことで見つけた軽自動車に決めたのですが、本当に古いタイプの軽自動車でちょっと不安でもありました。しかし、その軽自動車を愛用する様になってだんだんと愛着が出てきて面白いものだと思いました。本当に古いタイプの軽自動車でありましたので、何かと手間のかかるものでしたが、それだからこそ楽しかったのかなと今では思っています。思い出深いところではとある山を登りに行ったことです。平地では普通に走る軽自動車でしたが、山に登るのは始めてのことで不安でもありました。案の定、オーバーヒートして止む無く下山したことを覚えています。

そのときは軽自動車を山中に止めてしばらくエンジンが冷えるのを待ってから下山しました。今となっては面白い話だと思っています。ちなみにこの軽自動車は私だけでなく他の家族のものも愛用していました。みんなを乗せた軽自動車でもあった訳です。そんな思い出深い軽自動車も手放さなくてはいけない日がやってきました。無事に売却となった軽自動車ではありましたが、私にとってこの軽自動車は思い出深いものであったと思っています。